包茎手術は若い時期から行うべき?

0 Comments

包茎手術はできるだけ早い時期が賢明

包茎状態になっている場合は、できるだけ早い時期に包茎手術を行ったほうが賢明です。
具体的には、成長期までに確認しておくことです。
一般的、に男性の場合は成長期を迎える時に自然と亀頭が露出するようになります。
陰茎が非常に小さいか皮が必要以上に長いかのどちらかで、包茎手術が必要な事態になるので注意が必要です。
普通は、成長期を迎えると陰茎が大きくなって被さっている皮を突き破ることになりますので、それほど気にしなくても問題ありません。
しかし、成長期を迎えてもこういった露出を確認することができない時には、その後に自然発生的にその状態を改善することが難しくなります。
そのため、遅くても成長期を迎えても包茎になっているような場合には、その時点で包茎手術を考えた方が無難であると言えます。
実際に、自力でこういった状態を改善していくことは難しいです。
包茎手術を行えば、大人であっても問題なく状態を改善できますので気づいた段階ですぐにでも包茎手術を相談したほうが賢明です。

包茎は放置するメリットがほとんどない

包茎手術を行った方が良い客観的な理由は、放置しても生じるメリットがほとんどないという点です。
そもそも、包茎は本人だけの問題ではなくパートナーに対しても大きな悪影響を与える可能性が存在するものです。
代表的なものでは、性感染症のリスクが増大することが挙げられます。
包茎の人は、陰茎の衛生環境が非常に悪い状態になりますのでそのままの状態にしておくとそこにウイルスが繁殖する可能性が高くなります。
突然ですが、皮がかぶさっている状態になるためお風呂で綺麗に洗浄したと考えていても衛生環境を保つことができていません。
本人は、しっかりと洗っていると考えても客観的なリスクは取り除けていないので、性感染症の危険性が高くなります。
このリスクは、本人だけではないのでパートナーがいる人は必ず知っておかなくてはいけません。
実際に、包茎手術を行えばこのリスクを最小限に抑えることができるようになるため安心です。

まとめ

日本人男性の半数以上は、仮性包茎であると考えられています。
しかし、この状態はわざわざ治療を行う必要性がないと判断されているものです。
これは、皮は被っているものの自分で亀頭を露出させることができるからです。
つまり、包茎であっても陰茎の衛生環境を保つことができている人はそれほど深刻に考える必要がありません。
一方で、真性の場合は異なります。
若い時期からその状態で悩んでいる人は、少なくとも成長期を確認した段階で自覚をしておいた方が良いです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。